• mata-ne

6月土の根プログラム~『極地へ』~

更新日:1月26日

初めまして

6月の土の根プログラム参加者のまひろです!

今回は僕がブログを担当します!

今月のテーマは「極地へ」です。


今回は、参加者8名のうち7名が前泊をして、プログラムの準備をしました。流石mata-neっ子

みんなすぐに仲良くなりました。


次の日の朝、昼ご飯とサプライズに向けての準備。喜んでもらえると嬉しいなあ~とみんなでワクワクしながら準備を進めました!







プログラムは午後からなので、朝ごはんを食べた後は、mata-neのお手伝いで梅酒と梅ジュース作りと草刈りをしました。僕がいた草刈りチームのメンバーはみんな驚くほどの集中力!汗をダクダク流しながら草刈りをすると終わった時にとても気持ちが良かったです!




お手伝いを頑張った後は、もう一人のメンバーが到着!!8人揃って楽しく昼食を食べました!みんなで外で食べるといつものお食事よりさらに美味しい❣


いよいよプログラムが始まりました!

スタッフのまりもを中心に、オリエンテーションでゲームをしたり、アイスブレイクでチームワークと信頼を築いていきます。







その後は、だいちゃんによる、ロープワーク講座!

大ちゃんとまりもが寸劇を交えながら分かりやすく説明してくれました。ロープの使い方を知れば、生活を豊かにでき、災害などの緊急時に役立つ場面がたくさんあるなと、感じさせられました。


その後は、マッチ1本で火を起こして、飯盒炊飯をしました。

みんな飯盒炊飯のベテランのようで、失敗はしたことがないようです。

今回も美味しいご飯が出来上がりました。おかずも料理がとても上手なみきてぃの指示のもと、旬の食材を使ったとても美味しい夜ごはんがいただきました。






楽しい食事の後は、6月中に誕生日を迎えたmata-neキャンプ長のだいちゃんへのサプライズ!


6月の土の根プログラムが始まる前から一生懸命準備してきたサプライズの内容は、

・だいちゃんとたんたんの思い出の曲、KANの『よければ一緒に』をみんなで歌う

・だいちゃんが大好きなびわを使ってびわゼリーケーキを作る

・自然のものでだいちゃんの似顔絵を作る

の3つです!


これらを見てだいちゃんはとても感動してくれました!


さらに、参加者のはるも6月が誕生日だったのでみんなでお祝いしました!






2日目は、朝早くからmata-neを出て、新緑樹林の洞窟探検へ!

そこはとても神聖な場所で、森や木々が生きていると感じられるステキな場所でした。道中は、インタープリターであるだいちゃんが、案内と森の生き物の解説をしてくれました。


そして、洞窟に入りました。洞窟内は、真の暗闇。いつまで経っても眼がその場所に慣れることがなく、とても恐怖を感じました。


明かりを消して洞窟内を少し散策しましたが、仲間の声が無ければ何も出来ませんでした。助け合いの大切さを改めて痛感させられ、出口の明かりを見ることができたときは、本当に感動しました。


洞窟探検の帰りには、「いでぼく」のおいしいジェラートを頂きました。大ちゃんはここを宇宙一美味しいジェラート屋さんと言っています!

この「いでぼく」は、すぐ隣に牛舎があり、牛を見ながら食べることが出来るので、よりこのジェラートの新鮮さを感じながらいただくことができました!

最後はこの土の根プログラムで大切な、「振り返りの時間」です。各自好きな場所に行って、2日間を通して感じたことを紙に自由にかき、それを全体で共有します。それぞれが自分とじっくり向き合った上で感じたことをありのままの言葉で共有してくれるため、多様な価値観を知ることができてとても濃い時間となりました。


このような感じで土の根プログラムは多くの気づきと学びを得られるプログラムです。次回はキャニオニング(川遊び)なので興味がある方はぜひ参加してみてください!

読んでいただきありがとうございましたm(__)m

閲覧数:79回0件のコメント