• mata-ne

【スタッフ紹介】ひろな



名前:桐越弘奈


キャンプネーム:ヒロ


年齢:22歳 (社会人1年目)


職業:フードコーディネーター


趣味:ドライブ,映画鑑賞


好きな食べ物:つくしのきんぴら、野蒜のナムル



こんにちは、最近運転免許を取りドライブにハマっているヒロです。



【mata-neとの出会い】

時は遡り1999年1月。3姉妹の末っ子として生まれる。

家族からは「ヒロは生きているだけで素晴らしい」と愛情をたっぷり注がれて育ちました。

そして3歳になった頃、だいちゃん・たんたんと出逢います。

海に行けば投げられ…

温泉に行けば投げられ…

スキーに行けば投げられ…

どこに行っても投げられ続けて20年。

気付いたら海でも滝でも自らダイブする!そんな元気自慢のmata-neスタッフとなっていました。





私がmata-neで最も影響を受けた事は「いただいきます」に込められた意味についてです。


mata-neに帰るといつも旬の食材を使ってたんたんと料理を楽しみます。

お料理を作る為の準備、私が暮らす横浜では決まってスーパーへ食材を買いに行く事から始まります。

しかしmata-neではお庭や河原、裏山へ食材を収穫しに行く事からスタートします。


特に春は大忙しです、たんたんは車を運転しながらも「あそこに自生エシャレット発見!あそこにタラの芽発見!」

次から次に食材を見付けてはスコップ片手に掘り起こしたり、ジャンプしたり汗だくになって収穫します。


猟期になると大ちゃんに罠の見廻りにも連れて行ってもらいます。

毎日、早朝と夕方の2回1時間くらいかけて山を見廻ります。

罠に鹿がかかると大ちゃんは命がけで鹿を仕留め、山で大まかに解体し、mata-neハウスへ戻ってからブロックごとに切り分け丁寧に精肉します。

その作業に丸一日かかってしまう事もあります。


お肉が傷まないよう寒空の下で作業する為、手はかじかむし足も腰も痛いし

やっと食べられる状態になった頃には疲れ果てて眠いです。


そんな風にmata-neでは「いただきます」と完成したお料理に手を合わせる時

それまでの手間や苦労、そして命への感謝の想いが自然と込み上げてきます。




(※全部たんたんと収穫した食材で作った料理)


又、mata-neではイベントに参加する子ども達と「いただきます」について学びます。

なのでmata-neイベントで献立を考え、お料理をすると子ども達の「いただきます」の丁寧な声に毎回感動します。


今年から社会人となり、mata-neイベントにスタッフとして参加する機会は減ってしまいましたが、mata-neで学んだ「いただきます」に込められた想いを忘れずに

今はフードコーディネーターとし日々、料理の知識や技術を磨いています。


また戻ってきた頃には、成長したヒロの料理を皆さんに楽しんでもらいたいです。


ではmata-ne👋


閲覧数:156回0件のコメント

最新記事

すべて表示