top of page
  • mata-ne

10月土の根プログラム「野生に帰ろう」

初めまして!10月の土の根プログラムに参加した、みわです!

今回は「野生に帰ろう」というテーマのもと、自然の恵を体感したり、普段の生活を違う角度で見たりと、学びがいっぱいでした!



<1日目:プログラムの説明、竹細工、干し柿・柿ジャムづくり>


mata-neと土の根プログラムについての説明から、プログラムがスタート。「10月の旧暦月名は…?」スタッフのまりもが、日本古来の考え方、季節の捉え方など、紙芝居でわかりやすく紹介してくれました。アイスブレイクもして、緊張をほぐします!






少し雨が降り始めたところで、竹を切りに向かいました。

しゃもじ、ざる、はしばこ、ふえ… 説明のために大ちゃんが持ってきた物の共通点は、漢字に竹冠がついていること!昔の人たちが、自然のものを上手に使っていたことがわかります。そしてもう一つの共通点は、今はプラスチック製ばかりだということ。






ノコギリやナイフを使って、それぞれ黙々と作業をしました。道具の扱い方を教えてもらうことで、初めての作業も安全に楽しめました!






夕飯は、飯盒でご飯を炊きました。経験者2人のおかげで最高の炊き上がり!その味に感動した私は、自分用に飯盒を買おうかと企んでいます(笑)

作った食器に盛り付けて、いただきます!竹のコップで飲む水は竹の香りがして、なんだか贅沢な気分に…!取手をつけようと、急にロープワークも始めちゃいます。